めぞん一刻 一刻館

「めぞん一刻」はここから始まり、ここで終わる…いや、終わらない。ここから五代と響子の人生が始まるのだ。一階は六畳+四畳半(推定)、二階は六畳一間、全6室+管理人室+トイレ×2+時計小屋。屋根の時計は壊れたまま、いつも10時25分を指している。しかし、3回だけ別の時刻を示したことがある。
1982年 10:35 響子の両親が管理人の引退宣言をした日
(第27話「引退宣言」 p.16)
1986年 10:10 響子と三鷹の見合いの日の夜
(第133話「あぶない夜」 p.22、第134話「朝まで眠れない」 p.2)
1986年  9:30 三鷹と五代が決闘した夜
(第137話「迎えうち」 p.2)

この時計の時刻の持つ意味については、各読者の判断に任せたい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

山おんな壁おんな
Excerpt: [7/5スタート] 伊東美咲 主演ドラマ「山おんな壁おんな」最新情報
Weblog: 山おんな壁おんな
Tracked: 2007-06-07 03:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。