めぞん一刻 一刻館の構造のなぞ

Q.一刻館は築何年になるのか?
A.原作では不明。アニメでは築70年ぐらい!?


 木造モルタル作りのおんぼろアパート・一刻館、建築されて何年くらいになるのでしょう? 残念ながら原作では判定できる箇所がありません。
 アニメ3話では戦時中に住人たちが書き残した屋根裏部屋のメッセージが登場しますので、その建築が戦前までさかのぼることは間違いありません。アニメ44話で四谷さんのアルバムに「壱刻館上棟式記念」の写真があり、郁子ちゃんが「時計塔の後ろの子供、うちのお爺ちゃんの子供の時の写真よ」と言っています。音無老人の年齢は不明ですが、惣一郎さんや郁子ちゃんの年齢から初登場時60代と仮定し、写真を10才くらいと考えると、一刻館の建造は1920〜30年、つまり大正後期から昭和初期となります。よって一刻館は現在築70年前後と推定できます。

Q.一刻館の構造はどうなっているのか?
A.原作では不明。アニメでは管理人室が建物から出っ張っている。


 一刻館の間取りについて原作から推定していくとどうしても無理が生じます。
1階については、管理人室は廊下の突き当たりにあり、1〜3号室は2部屋ずつあります。2階については、4〜6号室とも1部屋です。ところが、一刻館の外観については「引退宣言」の最初のコマなどから分かるように直方体です。つまり、1階と2階の面積は同じでなくてはなりません。
 しかし、どう見ても2階の各部屋が二室分もの広さがあるとは思えず、管理人室がさほど窮屈とも思えません。あれこれ考えたのですが、どうしてもつじつまが合わず、「亜空間」ということで処理しています(^^;
 一方のアニメでは管理人室が出っ張っており、1〜3号室は1室しかないので、非常に分かりやすい構造になっています。特に前半のエピソードは原作に忠実に作られているのに、わざわざ一刻館の構造を変えたということは、制作時に「原作の一刻館の設定はありえない」という判断が下ったのではないかとも思っているのですが…。

Q.管理人室は無防備なのか?
A.管理人室のドアには鍵がない。


 響子さんがレオタードに着替える時、四谷さんの気配を感じた響子さんは勢い良くドアを開けました(第48話「見るもんか」)。響子さんが制服に着替えた時、住民達が突然飛び込んできました(第51話「一刻館の昼と夜」)。そして響子さんが体を洗おうとしていた時、五代君が胃腸薬を片手に突入しました(第19話「ケガの功名争い」)。以上の様子から管理人室のドアには鍵がないものと思われます。第27話「引退宣言」でも運送屋がドヤドヤ入っていきますし、「完結編」でも響子さんの留守中に五代君や響子さんの父が部屋に入っています。住民達の各部屋はちゃんと鍵がかかるというのに…。一般にアパートの管理人室って施錠しないものなんでしょうか?
 お爺さんが管理人をしていた頃なら、それでも良かったのでしょうが、若い女性の部屋に鍵がかからなかったというのは少々物騒な気がします。
 とにかく、五代夫妻は「覗き魔のいるアパート」の「鍵のかからない部屋」で「夫婦生活を営んでいる」ことになります。義姉が「あんな環境で子供できるかしら」と言うのも当然でしょう…。
注)アニメでは管理人室のドアにもちゃんと鍵穴があります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

おれはエステティシャン
Excerpt: 女の体をいじりまくってお給料もらえたwww まじ最高www
Weblog: さわだ07
Tracked: 2007-06-10 18:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。