めぞん一刻 視聴率

伊東美咲の主演で、初のテレビドラマが制作された。五代祐作役は、芸能活動をしていない一般男性を条件にオーディション選考され、中林大樹に決定した。

放送日 - 第一回「浪人編」は2007年5月12日21:00〜23:06
視聴率 12.1% ※視聴率はビデオリサーチ社(関東地区)調べ
放送局 - テレビ朝日系列

めぞん一刻 伊東美咲

伊東 美咲(いとう みさき、本名:安斉 智子(あんざい ともこ)1977年5月26日 - )は、日本の女優。 福島県いわき市出身。研音、インセント所属。大阪千代田短期大学卒業。

【プロフィール】

生年月日: 1977年5月26日
現年齢: 29歳
出身地: 福島県いわき市
公称サイズ(出典不明)
身長 / 体重: 171 cm / ― kg
スリーサイズ: 83 - 60 - 87 cm
活動
デビュー: 1998年
ジャンル: 女優・モデル
モデル内容: キャンペーンガール

【経歴】
祖父(他界)、祖母、両親、姉、弟、妹の8人の大家族で暮らしていた。
中学時代は、ソフトボール部に所属。
福島県立遠野高等学校に入学するも、父の転勤により大阪府河内長野市の私立千代田高等学校に転学。千代田高校在学中は、ワープロ部に所属。
大阪千代田短期大学を卒業。在学中はバレーボール部に所属し、保育士、幼稚園教諭2種免許、社会福祉主事等の資格を取得。
学生時代に雑誌の素人モデルをしていた。
短大時代に幼稚園に就職が内定していたが、大阪の心斎橋でスカウトされ芸能界に入った。
1999年に13代アサヒビールイメージガールを務めた。(その時、阿波踊りに参加し泥酔したことがあり、本人は苦い経験だと振り返っている。)またファッション雑誌『CanCam』の専属モデルも務めた。
2000年に単発ドラマ『らぶ・ちゃっと』で女優デビューした。同年10月の『ラブコンプレックス』以降多数の連続ドラマに出演する。
2001年10月21日に握手会を行なった。同年から2002年に掛けて資生堂、日立製作所、チョーヤ梅酒、日清食品、マツダなどCM契約社数が増えた。また、多くの雑誌の表紙を飾るようになった。2002年10月29日に日本シリーズ第3戦で国歌独唱を行なった。
2003年9月21日に握手会を行なった。同年にフジテレビのバレーボール中継で「全日本・勝利の女神」としてバレーボール・ワールドカップのサポーターを務めた。
2004年に主演映画『海猫』でベッドシーンに挑んだ。(公開前に一部の週刊誌にヌードとなるという報道がなされたが、伊東のCM契約会社の中の2社の意向を受けてお蔵入りしたため、そのベッドシーンに対しては酷評がなされた。)同年末にTBSの「第43回日本レコード大賞」で司会も務めた。
2005年にバレーボール・ワールドグランプリのサポーターを務めた。同年7月に初主演となる『電車男』でエルメス役を好演し、平均視聴率21.2%のヒット作となった。さらに次クールドラマ『危険なアネキ』にも主演し、フジテレビ系ドラマ連続主演を成し遂げた。同年12月18日に初のファンイベントを開催した。
2006年3月に女性限定お悩み相談ブログ「Twinkle Girls(TG)」を開設した。同年7月に『サプリ』で2度目の月9主演を務めたが、平均視聴率14.2%と不調だった。
2007年5月26日30歳の誕生日にMTV Video Music Awards Japan2007の司会を務める。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

めぞん一刻 キャスト・編集

[キャスト]
音無響子 - 伊東美咲
五代裕作 - 中林大樹(新人)
一の瀬花枝 - 岸本加世子
四谷 - 岸部一徳
六本木朱美 - 高橋由美子
五代ゆかり - 菅井きん
三鷹瞬 - 沢村一樹
音無老人 - 細川俊之
坂本 - 橋爪遼
七尾こずえ - 榮倉奈々
五代春香 - 森迫永依
茶々丸のマスター - 柳沢慎吾

[編集]
STAFF
脚本:岡田惠和
プロデューサー:内山聖子
監督:本木克英
音楽:周防義和
エンディングテーマ 松任谷由実「守ってあげたい」

めぞん一刻 第1話のあらすじ

時計坂という町にある古いアパート「一刻館」にある日、音無響子(伊東美咲)という女性が管理人としてやって来る。このアパートの住人で浪人生の五代裕作(中林大樹)は、彼女の美しさにたちまち一目惚れ。そのほかの住人である一の瀬(岸本加世子)や朱美(高橋由美子)、そして四谷(岸部一徳)といった超個性的な面々のちょっかいにもくじけず、どうにかその思いを彼女に伝えようとするのだが、受験勉強との板ばさみで苦悩する日々が続く。


 そんなある日、一人の老紳士(細川俊之)が一刻館を訪ねて来る。彼が響子の義理の父であり、彼女が未亡人であることを知った五代は大いに動揺する。 「もう一生分の恋をしてしまいましたから」と言う響子に五代は何も言えない。だが後日、友人の坂本(橋爪遼)と飲みに行った五代は、酔った勢いで近所迷惑も省みず「響子さん好きじゃぁぁぁ!」と絶叫。さらに響子を抱きかかえたまま布団に押し倒し、そのまま自分だけ眠り込んでしまう。おまけに翌日、自分がしたことをまったく覚えておらず、響子から平手打ちをくらう始末。クリスマスにせっかく買ったプレゼントも渡せないまま、二人の距離も微妙なまま…。


 大晦日。他の住人たちが帰省してしまい、響子と二人っきりになった五代は勉強そっちのけで朝からそわそわ。しかし結局、何も起こらず二人はコタツで新しい年を迎え、お参りに出かける。 「もし、僕が合格したら…もう恋はしないなんて言わないで下さい。その相手が僕じゃなくてもいいんです」。五代のその言葉に、響子は黙って小さくうなずく。

 年が明け、気合いの入る五代だったが、案の定受験は連戦連敗。最後の望みを賭けた合格発表の日。響子をはじめ一刻館の連中や、孫が心配で駆けつけた祖母・ゆかり(菅井きん)たちが見守る中、自分の受験番号を探す五代。「………あった」。ホッと肩をなで下ろす一同。こうして五代はどうにか無事、大学に合格したのであった。


 新しい生活もスタートし、五代はバイト先の可愛い女の子、こずえ(榮倉奈々)に見送られ配達へと出かける。しかし、偶然通りかかったテニスコートで見るからに爽やかなコーチ・三鷹(沢村一樹)のレッスンを受け楽しそうな響子を目撃してしまい、言葉を失う。どうやら五代の苦悩はまだまだ続くようである…。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。